セミナー三昧の堀口ひとみです。

こうやって、3日連続でインプットが続くと、色々考えることが浮かびます。

決意したことがあります。

私主催の個人向けセミナーを数ヶ月充電期間ということでお休みします

もっとパワーアップするためです!!!(もっとって、怖い・・・

今、元気になりたい方は、ラストチャンスとなる、
8月5日、8月19日にお越しくださいね。お待ちしております。


さて、今日のセミナーは、東京国際フォーラムでコーチ21主催のセミナーが
ありました。私のコーチも、メンターも、いらっしゃっていました

1300人の集まりは、ほぼコーチ。
日本全国から、スゴイですね。

今日は、ベンジャミン・サンダー氏という、
ボストン・フィルハーモニー管弦楽団創設以来の指揮者であり、
世界各地の楽団で指揮棒を振るいながら、「リーダーシップと創造性」をテーマに
企業人に向けてもセミナーを精力的に行う異色の人物です。

私は、アマチュアのチェロ奏者がコーチングされているのを
目の当たりにしたのですが、ビックリしました!


最初に普通に演奏されたのですが、
「可もなく不可もなく。」位の感想だったのです。

で・す・が

「今、演奏していて、うずうずした人を見かけましたか?」

「次の音は、どうやって弾きたい?」

「Dはどこに繋がりますか?」

「楽しんで弾いているふりをしてくださいね!」

「7歳児のように、たのしく!」

「ちょっと今のところで、眉毛を上げる感じだね!」

「あの人に贈るように弾いてみよう!」

など、奏者の才能、可能性をどんどん広げる質問、視点を向けていったのです。

それは、それは、感動的な演奏になりました

ほんとに、私は連日感動の連続ですね

本当に、コーチという仕事は、私に向いていると思いました。

人の可能性を引き出す、ワクを考えないことを教える

そして、その可能性が引き出された人の目は輝いている

私は、そこから、パワーを貰うのだと思います。

とってもいい3日間でした。

感動しました

堀口ひとみの1位大作戦!!!
↑のブログの内容を刷新しました。
ほぼ毎日、おすすめの本のご紹介をしています。
そして、【毎日のメンターな言葉】もお見逃しなく!

では!今週も最高の一週間になります

堀口ひとみ