実家を立て直すので、立てるまでのレポをこのブログで、

書き綴っています!


今日は、朝からセキスイハイムとの、打ち合わせでした。

10時浦安。

まず、建物の外観のタイルを決めるため、実際に立っている

おうちを、浦安〜行徳間を車で見学してまわりました。


いろいろと拝見しましたが、家族意見が割れれ、決まらず。

次回持ち越しとなりました。


1次のメニューは、ライト選定です。

設計図に、ライトの位置を書きこんでいく作業。

ひとつひとつのお部屋に、

どういうふうにライトを設置するのか?


ダウンライト、ひっかけ式のライト、壁の間接照明、

そして、明かり調節は付けるのかどうか?


明かり調節は、うちのマンションはついているのですが、

実際使うときは、友達が来た時です。

「調節できるんだよ!」とちょっと物珍しさに試しています。

この明かり調節は、アルファー波でそうでいいかもですね。(笑)


どうにか、ライトの位置を決めました。

ホントに大変でした。ありがとうございました!


そして、話し合いが終わり、タイルの色をどうするのか?

気になった母と私で、木場の住宅展示場へも

行ってみることにしました。


そこのタイルもものすごく、よかったのですが、

ちょっとちがうタイプのもので、今回のプラン外でした。


おおお、また、迷いますね。

私としては、茶色がいいとおもっているんですよね。

高原の別荘にあるような家で、ちょっとシックに、

中にグランドピアノとかが、置いてありそう!

そんなイメージを茶色のタイルからしたんですよね。

妹に笑われましたが。(笑)


また、考え方としては、友達を家に招きたい色って何だろう?とか、

大学生の付き合っているカップルがいて、

たとえば、カッコイイ彼氏が、出てくるとしたら、どんな壁の建物か?

(今度新築する家は、賃貸併用なのです。)


ものすごいイメージですが、そうやって考えてみると、

なんとなく、これはないな!って色が分ったりしますね。


白っぽいタイルだと、女性入居者が多くなりそうだとか、

黒だと、メンズばかりになりそうだとか。


これは、アパレルでも同じですが、やっぱりリアルターゲットを

決めると、イメージが統一になりやすいですね。


タイルということで、タイルも保留です。



mり








この写真は、展示場のセキスイハイムのモデルハウスです。


ちょうど、今回立てる家と同じく、床がベージュで、壁が白で同じなので、

撮ってみました。こういうふうに、壁にブルーをいれて、

アクセントとするのも、いいですね。


いろいろみて、実際の家の中がイメージできました。

やっぱり、実地見学が大事ですね。

11日は、家を作っている工場見学へいきますよ。

面白そうです!

そして、家具展へもあるそうです。

インポート家具がいっぱいだそうですよ。


この際なので、自分のマンションの家具なども

新調しようかな!っと、新しい楽しみもできました!



1そして、夜は、片付けに実家へ・・・。

過去のラブレター発見してしまいました。(爆)

続きはこちら!