今月号のVOGUEに、TOKYOについて、たくさん特集されていた。

CIMG9795


外国人が見て、「OH!」と思ったものの写真が載っている。


CIMG9805



日本の犬は、キツネみたいだね。と書かれているコメントに、(そこ見るか!)

爆笑して、小さい時に飼っていた、柴犬「チロ」を思い出した。


東京について、「きちんとしている」と書いてあるコメントにも、

なるほどなぁ!と気付いてみたり。






じゃあ、外人の気持ちになって、銀座を歩いてみよう。

というテーマで、7月にやるセミナーアイデアの捻出も兼ねて、

週1回は、散歩に出かけてしまう、銀座へ。


外国人からみると、TOKYOの女性はとてもオシャレらしい。

という視点で、確かに街を歩いてみると、全員お化粧していて、

カワイイ洋服を着ていた。

ファンデーションをきちんとぬるのは、日本くらいみたいで、

だから、みんな年をとっても、あまりシミもできずに、

美しい肌を保っているのかもしれない。



さて、夕方頃、銀座へ向かった。

有楽町丸井の斜め前のイタリアンのお店は、いつも並んでいて入れないのだが、

夕方5時という中途半端な時間なので、すぐに入店できて、

有楽町付近を歩く、女性をぼーーーーーーーーっと見ながら、

セミナーのアイデアをマインドマップに書きながら、パスタを待った。


と、ふと目の前に開けた光景。


もしかしたら、これって、面白い構図ではないか?

と思い、シャッターを切った。



【ビルの間を駆け抜ける新幹線】

aaaa





そういえば、昨日ゆりかもめに乗っていた時に、

修学旅行生が、「この景色、東京ってかんじだよね!芸能人に会えるかな?

サイン帳持ってきた?」と話していた。


私は、東京に住んでいて、芸能人に会う確率は、月2人くらいだが。

視点が変わるとおもしろいなぁ。


あと、今日は、TOPのイメージを変えました。

妹がPARISで撮ってくれた写真で、いろいろな人からも

好評で、自分も好きな写真です。


実は、右のほうに見える街灯の下のほうに、ビニールテープが

マキマキしてあったのですが、WINDOWSの中に入っている、

ペイントで、きれいに編集して、見えないようにしたのです。


原本はこちらです。

CIMG0248a


おもしろいように直りました。