アマルフィー女神の報酬観てきました。

家族揃って、ずいぶんと前から何気に織田裕二ファン。(爆)

a


今回の裕二は、いつもとちがう!

あの白い歯が一つもなかった。

笑わない。

かなり謎めいた男。


全編イタリアロケというのだから、本当にすごいです。

イタリアを旅している気分になりました。


謎めいたところがいっぱいの映画なので、

映画が終って、ディスカッションをし始めると

盛り上がってしまう映画です。



織田裕二演じる、「外交官黒田」

外交官なのに、拳銃を扱うし、勘が鋭すぎるし、冷静すぎるし、

人の感情を沈める能力もすごいし、事件の謎ときがうますぎる。


・・・この人物、常に何を考えているのだろうか?

そんなことが私の中でずっと気になっていることでした。

どうしたら、あんな推理力が働くのだ?

とにかく、物事を見る視点がいっぱい勉強になりました。

推理力って、どんなものでも、「?」と疑ってみるところから

始まるんでしょうね。


思えば、コーチングしているとき、

私なりに推理力が働いているのかもしれない。


「こういうことってないですか?」

「こういうことではないですかね。」


当たるもんなぁ・・・・・

慣れでしょうかね。



ネタばれまでは行かないので書きますが、

踊る大捜査線2なら、「レインボウブリッジ封鎖できません!」

とかが、名ゼリフでしたが、


今回は、佐野史郎役の発言「呼ばれたのかもしれません。」

に、勝手に名ゼリフ大賞に任命させていただきます!


最後の方のセリフです。


アマルフィーのサイトのメイキングを見るのが面白いです。

ものづくりへの情熱はとても刺激になりますね。

アマルフィーサイト

a1