小室哲哉氏の本 罪と音楽。




本のカバーを外してみると

漆黒の闇のようなブラックだった。


CIMG9995


今日アマゾンから届いて、一気に読む。

リアルすぎる。

情景が目に浮かぶような文章表現で

映画を見たあとのような感覚に。


逮捕から公判、金銭感覚に狂っていたころの話の描写部分と、

音楽を創るいろは的な部分と2つの構成。




ヒット作ればまたお金なんてすぐ入る的な考え方。

好きなだけ浪費・・・

事実が本当に赤裸々に綴られている。


あんなに繊細そうな人が・・・・

こんな事件が起きなければ、気づけなかったのか・・・




私は読みながら、今彼には何が必要なのだろうか?

と想像しながら読み進めた。


この試練の後で、創りだされるその音楽を聞いてみたいとは思った。

街のどこかで流れていて、

「へぇ?誰の音楽?」

「TKさんだよ。」


そうなるくらいの復活を願いたい。


a