ルノワール 伝統と革新 @国立新美術館行ってきました。

晴れだったので、今日はバスに乗りたい日だなとおもって、

美術館へ行くことにしました。


バスが、信号待っている時に、カワイイバイク見つけました。

IMG_6807


ベビーブルーのバイク。

ヘルメットもベビーブルーしかも、スター☆つき!

どんな顔したお兄さんなのか気になりましたが。笑



今日も寒い日ですね。

夕方について、音声借りて、90分くらい見ていました。


今日は、「ルノワール」一人が主役なので、

『生涯、何を探し求めていたのだろうか?』

というのをテーマに観賞することにしました。



20代頃から、70代の頃の作品まで、

みることができるのってすごいことです。

「一生」が展示されているのです。



『自分の一生が展示されるとしたら・・・』



ルノワールが30代に書いた作品と

70代に書いた作品・・・・



70代の作品には、迷いがないらしいのです。

描き直しなどなく、すっと描けているとか・・・・

ルノワールは、晩年何かを掴んでいたのでしょうか・・・

X線写真と赤外線写真でそれがわかるみたいなのです。



さまざまなものからインスピレーションを得に、旅をしたり

昔の巨匠の作品を見たり、人に会ったりしています。

それが、作品に影響され、作品がどんどん進化していくのです。


仲間たちと切磋琢磨。

そういうのもいいです。



絵を通して、人生を知るのが楽しいです。



今回の展覧会のテーマ「伝統と革新」

新しいものだけでなく、

過去も受け入れて考えると言うことらしいのです。


それに、ルノワールは、女性を特別な存在として思っていたのでしょうか。

女性に安らぎを感じていたのかもしれません。


女性が描かれている作品を見ていると、

優雅で、人生を楽しんでいるパリの人々の様子を

垣間見ることができ、なんだか「ホッ」とします。



現代から見たら、「もっと日常生活を楽しんでね」という

ルノワールからのメッセージなのでしょうか?




私が、好きな作品、2つ見つけました。



【縫い物をする若い女】

縫い物をする若い女


【野原で花を摘む娘たち】

野原で花を摘む娘たち



風景に人が溶け込んでいる・・・

これがルノワールです。


余韻に浸りながら、VOGUE CAFEでお茶してしめました。

IMG_0388



■東京は4/5まで、大阪は、4/17から開催。

r

ご案内リンク