私の同級生の青根くん(HPを制作してくれた人です)が、

うちの実家の近くにできたショッピングモールに

そのうち行ってみたいと言っていました。

で、「今日行くんだけどどう行くの?」と連絡がありました。

突然、31アイスクリームが食べたくなったそうで。


たった都バスで4駅の距離です。

しかし、小学校の頃は、友達と言うほど仲良くなかったので、 笑

私の実家のほうに来るのは、初めてでした。


私も夕方に実家について、まずはゆめかちゃんと遊びました。

だいぶ、自分の意思を言うようになってきたのですが、

「もう一回!」と何度も遊びの要求です。笑



階段の下りの練習がお好きなようで、

3階から1階までを、今日だけでトータル6回くらいしました。

階段は、さすがに冷房ついていないので、超汗だく。

妹に「ひとみちゃんがそんなに汗かいているの見たことない!」

と爆笑され、写真を撮られたくらいです。(笑)


体力が消耗したのは、私だけだった?

ゆめかちゃんは、そんなことはつゆ知らず、

次に、リュックを持って例のショッピングモールへ

遊びに出かけました。


__



ショッピングモールでは特にお買い物目的もないので、

赤ちゃん本舗で、ずっと遊んでいました。

よく観察していると、好きなおもちゃの傾向がわかりました。



ピカピカしていたり、ボタンを押すと反応したりするおもちゃは、

すぐに飽きちゃうんですね。

30分以上遊んでいたのは、こちらでした。

__


おままごとセット。

まだ、遊び方はよくわかっていないけれど

ドアを開けたり閉めたり、物の出し入れをしたり・・・

なーーんにもない、素朴なおもちゃが受けるんだぁ・・・

自分でどこまでも遊びを作れる可能性があるものは

夢中になれるのかな?と思ったりしました。



そう振り返ると、私が子供の時の遊びは、

お人形遊びも髪の毛を結うのが好きだったり、

洋服を自分でも作ってみたいとか、人形のお家を自分で作りたいとか

私もそういうことに夢中だった気がしてきました。



そのほか、やはり野外での遊びでしょうね。

草花を沢山とってきて、それを石で切ったりして

おままごととかよくしていましたし。


懐かしいですね。


夢中になっているゆめかちゃんに「もう行くよ」というと、

その言葉だけはスルーせずに、わかるみたいです。

なかなか遊び場から、次の行動へ移すのに考えますよね。


結局、ダッコして無理やり連れて行こうとしたら、

ケロっとゆめかちゃんの遊びが終わりました。


青根家は1Fでお食事してるというので

ちょっと行ってみることにしました。


いましたいました!


奥様と息子さんの「たいせいくん」に会うのは初めてです。

奥様は確か同い年かな?

すぐにお友達になれそうな感じがしました!


たいせいくんは、青根くんと、そっくり!

ゆめかちゃんをみて、すぐに年下の女の子と分かったのでしょう。

たいせいくん、ゆめかちゃんの手をつないであげようとしました。

なんと美しい光景。

でも、ちょっと恥ずかしそう・・・

__


そして、青根君が「あたまいいこしてあげてね」と息子に伝えると

ゆめかちゃんのあたまを「いいこいいこ」してくれました。

こども紳士な印象のたいせいくん。

将来が楽しみですね。


青根くん一家も、このショッピングモールを

とても気に入ったみたいで、よかったですね!


帰りはタクシーで帰ったそうで、ワンメーターの距離に驚いていました。

子供の頃は、4駅でも随分遠い気がしてたのに!
(ちなみに、越境入学だったので小学生の頃、バス通学でした)


たいせいくん、お家も近いので、

今度ゆめかちゃんと遊んであげてね!


大人はお茶でもしましょ。