オリジナルソングの『ブーゲンビリア』のメロディーの音を

作曲家へ送るために、録音などいろいろやっていました。

初めての作業で色々間違えたり時間がかかりましたが、

歌を創り上げてみて何を感じるか味わいたいからやっています。



歌い手側の意見も提案し、そしてすり合わせながら

いいものを作って行けたらいいと思っています。


歌い手側としては、私のキャラを宝地先生が活かそうとしたのと

歌詞の中で使っている言葉も明るい言葉が多いので、

割と明るいコードばかり並び当初のメロディーと

やや変更の提案がみられたりしました。



早速出来上がった音を、今日は家の人たちに聞いてもらいました。

何度も聞かされているでしょうから、

母も妹もところどころ歌えているんですけど。笑



母に、28日に観た映画、『バーレスク』を勧めてみたら、

今日観たいということになって、

21時45分の回で私ももう一度観ることにしました。

1日おいただけで、また観るなんてこと初です。

2回目もめちゃくちゃよかった!!!



私は結構、気持ちが高ぶったり、嬉し涙したので、

涙もろい母にハンカチを用意したほうがいいと

促していたのですが、どうも共感ポイントが違うらしく 

「あなた一体どこで泣いたの?」となりました。爆




『バーレスク』は、キレイでスタイル抜群で、セクシー衣装を着て

カッコよく踊っていらっしゃる(なぜか敬語にしたい)のが、

たまらなくいいんです。外人の迫力には本当に圧倒されます。

母と一緒に、「こういうの女性好きな傾向あるね」と話していました。



今度生まれ変わる時は、迫力のある外人スタイルがいいなと、

マジで思いました。笑