母に誘われて、堂本光一主演『Endless SHOCK』観劇してきました。

s


母は宝塚ファンたぶん40年くらいやっていますから劇系は好きなんです。

とりあえず、誘われたのでついていきました。

券を取るのが大変みたいで、どういうルートで買ったのか?聞いたら

「北海道の人に先ほど手渡しで」と謎めいていました。笑



劇場に入ると98%が女性でしたね。

女性は「共感、感動大好き」っていうのもあるでしょうね。

私も身を乗り出してみていました。



ダンスは、カッコイイし衣装はキラキラ、そしてワイヤで宙を舞うし。

圧倒されまくりました。

生まれ変わったら「ダンサー志願」また再燃です。



ダンサーたちの体にみとれますね。

男性も女性も細マッチョ系。

上腕二頭筋と背筋に見とれてしまいました。

やはり体のラインが美しいってカッコイイ。

手足の動きにも注目でした。

歌いかた、歌の振り付け・・・このあたりも気になりつつ。

3月13日は、MY誕生日ディナーショーの予定で。笑



ダンサーは無理としても、

筋肉なら近づける!とやる気満々です。

TR指導のもと3年筋トレしているので、

体のラインは自己ベストではあります。

でも腕のしなやかさをもっときれいに出したいですね。



なかなか内容もメッセージ性がありました。

「Show mast go on !!」の精神で光一は、仲間を引っ張っていくのですが、

本気すぎて、死んでしまいます…。



最後の光一のセリフで、

「みんなを引っ張ろうとして走ってきたがちょっと間違えていた。
そうではなく、僕はみんなのおかげで突っ走ってきた」

と。


さらに、植草の最後のセリフが

「たまには立ち止まって過去を振り返ると見えてくる」

と言うようなことだったと思うのですが、

こちらもおおおお!!!でした。


今、まさに私が体感していることだからです。

重なりすぎ。


とにかく、生まれ変わったらダンサー。

今からでも、普段の手足の動きは見直していきたい。笑