『きみがぼくを見つけた日』DVD鑑賞しました。



『きみに読む物語』が大好きで、

主演女優のレイチェル・マクアダムスがかわいいので、

今晩はこの映画をチョイスしました。



時を越えた愛の物語で、

彼が時空を超えて突然消えたりするのですが、

彼女としては、初めて出会った6歳のころから運命の人って思っていて、

大人になった彼女のもとに彼が現れて、本当に恋人になり・・・



映画全体を観終わってから、「メイキング」がDVDだからついていたのですが、

それをみたら「そうだったのか!」と映画ならではの工夫がいっぱいあることに

あとあと気付き、ぜんぜん見えていなかった自分を発見。爆


もとは、小説が映画化されたものであるそうなのですが、

映画となると時間も限られているから、説明も描写も少なくなり

それでも物語の流れを「?」なしに観衆にわかるように

つくられているところがすごいです。


メイキングで「映画は感じてもらうこと」と

いう風に言っていたのが印象的でした。


確かに、いちいち説明はできないのですが、

私も何かしら感じているから、わかっているわけで。


あとから、作り手のトリックを明かされちゃって、

そちらの方がすごい印象的になっちゃったので、

なんかこの映画の感想は全く書いていないじゃないか。笑



コントロールされていなさそうで、

コントロールされているような感じもして、

只今、頭が混乱しておりますが・・・


ああ、軽井沢の「星のや」に泊まった時の感想で、

どこにも違和感がなく、スーっとしたあの感覚を

この映画にも抱いている様な気もしてきました。


タイムトラベラーという、未来と過去を行ったり来たりと

絶対にあり得ないものであるのにもかかわらず、

しっかりと「現実的な愛の物語」になっていたところが

この作品のすごいところかもしれません。