先日買った、アディダスステラの
ジム用シューズを履いて筋トレしました。

s


ものすごく軽いので、軽すぎて底の感触はどうなのかと
感じてみたところ、歩きやすいし、どのトレーニングもしやすかったです。
靴ひとつで、動作、気分まで変わってしまうことに驚きました。


軽いというのは、歩きも促進させますね。
どこまでも歩けそうな気がしてきます。


そう言えば、以前は、ジムでTRをしながら、
音楽を聞いていたのですが、ここ1年くらい音楽を聴かなくなりました。
1つのことをしている時に、同時に他のことをしなくなったと言うことです。


私が音楽を聴いていた理由は、音楽が聴きたいというのと、
トレーニングの苦痛を和らげようとすることもあったのだと思います。
音楽を流しておけば、きつい感じもなくなるとか。


その行動は、痛いのに、痛くないと言い聞かせるような…。
もう、そういうのはやめよう、ってなんか思ったんですよね。
そうすると、「今やっている運動の筋肉」の方に意識が向くようになって、
逆にそのほうが、苦痛にならないことに気付きました。


これって、たとえばプライベートで「悲しい」ことがあったとして、
無理に悲しくないように、仕事に没頭するのと似ていて、
しかし、その感情は、忘れることなく無意識に蓄積され、
ふと何かの瞬間に、また「悲しみ」があふれてくるみたいな。


だから、今の感情を一つ一つ味わって
行ったほうが、すっきり感があるんだろうなと。


同時進行で色々とできちゃう私、みたいなのが
偉いくらいに思っていたこともあったのですが、
今のように、1つ1つ味わっていく人生の方が、
ずっと、ずっと、いい感じ持続しそうだなぁと
最近はそんなことを思うのです。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


本日発売の『商業界 10月号』寄稿しました。

私の担当した記事は、
■ほめ上手7カ条
「ねぎらい」で相手を認め、隠れた「強み」を引き出そう です。

10001198_01_1110


上司の方も、部下の方も、お兄さんも、
お姉さんも、お母さんも、学生さんも、
あげまん技がたくさんありますので。笑

是非、書店でお買い求めください!