今日はクライアントさんが習っている音楽教室の大人クラスの発表会がありました。
セッションのときにフルートを20年以上やっているというのを
お聞きしていたから、いつか発表会があったら聞いてみたいなぁと
思っていたのです。

しかも、フルートだけだと思ったら、ピアノも発表するとのことで!
発表会ですから、緊張しているかたも沢山いらっしゃいました。
クライアントさんのフルートは、さすが長年されているだけあって、
聴いていて心地の良い感じがしました!

聴いているほうが心地よいというのは、凄いと思いました。
私は、ボイトレを初めて3年目ですが、心地よいレベルには、
まだまだ時間がかかるなぁと思っています。
宝地先生がおっしゃる、「息で歌う」が心地よいレベルなのではないかと
その先を思いながら、レッスンにあたっています。

フルートも長くされている方とまだ始めたばかりの方では、
やはり呼吸という点で、違いを感じました。
ボイトレの時に、「息で歌え」と宝地先生に言われることが、
フルートの音色にも共通する部分に感じたのです。

フルートは、自分のボイトレと重ね合わせてみたりして、
聴いていました。


しかし「ヴァイオリン」。
この弦楽器は相当難しいということがよくわかりました。

去年のひとみずむアワードで、『ブーゲンビリア』を
ヴァイオリンとピアノ伴奏で発表しましたが、
ヴァイオリン担当のmayaさんは、20年以上ヴァイオリンを
されてきたからこその音なのだと今になって気づきました。
歌手だけ初心者で・・・。
あわせていただき本当にありがとうございました。


楽器だけでなく、そもそも「発表とはなにか?」
みたいなことも感じていました。

ちょうど、昨日ピアノの先生のセッションがありまして、
ある楽器のコンクールで、ピアノの伴奏の方を頼まれたけど、
発表するひと(子供)が緊張してしまって、
いつもどおりにできなかったそうなのです。

緊張しすぎている発表前にはどんな言葉をかけてあげたら、
リラックスできたのでしょうか? というテーマだったので。
「発表する人の気持ち」に視点が当たったんです。

たまたま、二日連続でそんな「発表会」がらみのお話。
何か、またメッセージなのでしょうか。


そのあと近くのカフェに入りました。
夜にセッションがあるので、
夕飯がてらデザートも食べていくことにしました。

木目調のナチュラルなパリにありそうな雰囲気だから、
思わず入ってしまいました。
t.et cafe


写真 (50)

★オーガニックチキンのキーマカレーと有機野菜
野菜たっぷりでヘルシー。安心してデザートへ。

写真 (48)

サクサクすぎない、サクット加減&
クリームがとてもおいしかったです♪

お水の入ったコップもかわいい!

写真 (49)


家に帰り対面セッションがありました。
FBシートに誕生日占いもつけようと思って、(笑)
その時気づいたのですが、弟のお嫁さんと生年月日が全く一緒の男性でした。
お嫁さんの誕生日もその占いをしようと思って、ちゃんと覚えたのが3日前。笑

しかも、その占いとセッションで出てきた答えが似通っていることにも
驚きつつ、色々思いました。