独立をしてからずっと悩み続けてきた「聴くこと」と「書くこと」について、
自分の中にあった、超えなくてはいけないところを抜けた感じがしており、
急に「空いている時間はボランティアに行きたい」という思いが湧いてきました。

そして、早速「ボランティア」で検索してみると、
まずは、「聴く仕事」をしているわけですから、
傾聴のボランティアを発見したのですが、
そのボランティアに行くために、傾聴ボランティアの資格がいるとのこと。
なんか、それもちょっと違う気がしてきて、
次に、検索して見つかったのは、海外ボランティアです。
内容をみていくと、文化遺産を守るものから、
マザーテレサなどの孤児院などが主なものとしてありました。

そして、その中でも私の目を引いたものは、「幼稚園ボランティア」でした。
よし、これはそのうち行きたいなと、ブックマークしました。

じゃ、今必要なことは? と思考が進み、「英会話」と検索。
1番に出てきたところをチェックして、
今日、体験レッスンへ行ってきました。

そこは、基本的にマンツーマンレッスンです。
コーチングはマンツーマンでするので、
いつのまにか、それは私の中で日常の会話スタイル。
気楽に受けられそうかなと。


カウンセリングは、日本人の女性の方にしてもらいました。
私が、「幼稚園の海外ボランティア」に興味を持ったと伝えると、
なんと、その女性は、「私、行ったことありますよ」と言うではないですか。
なんという、シンクロニシティ。驚きました。

それで、色々と学ぶ目的について話していて気づいたことは、
外国人にもライフワークである「聴く仕事」を
活かしたいと思っている自分がいるということです。

4月、外国人の友達にセラピーレポートを作ったことで、
日本人以外にもセッション出来るかもしれないと思ったんですよね。

体験レッスンは、NYから来た黒人の男性でした。
自己紹介や、映画の話、テキストレッスンなど楽しく進みました。
単語が分からないとすぐに解説してくれるので、助かります。
完全にカスタマイズできるといった感じです。

そして、あっという間に40分の授業が終わり、
フィードバックシートに「Great Character」と記されました。
「先生たちも喜びそうだよ」と。 そこか?(笑)
聴くことはできているから、後はボキャブラリーとフレーズだねということです。

思い立ったが吉日のため、自己投資することにしました。
今、かなり時間があるので、こんなチャンスはありません。
費用対効果を高めることには、自信あります。(笑)

ちょうど外国人の友達が、よく来日するので、
そのときに、レベルチェックもできますし。

次なる山みたいなものを探していたので、
見つかってホッとしたところです。

Fotolia_50771589_XS