遠方のクライアントのA子さんが、先日の夏コミセミナーから東京の方にいらしているので、今日は、対面セッションのあと私のボイトレ&ショッピングへ一緒に行きました。
 ボイトレにお連れした理由はA子さんも人に教えるお仕事をしているので、宝地先生の本気レッスンを生で見てはどうかとご提案したのです。やはり、意味のある機会になられたようで、宝地さんのレッスンを見ながら、「遠慮しないでいいんだ〜」と感じ、ご自身が気を使っているつもりで、生徒さんにすこし引き気味にしていたことに気付かれました。
 それにしても、宝地先生の第一声は、「あれ? どこかで会ったことあるでしょ?」だったので、それも爆笑でした。もちろん、会ったことなんてありませんでしたから。


 さて、ショッピングは私がいつも行くRAWLIFEです。ここも本気で服が好きな販売員さんの接客を受けられるところだと思いますよ。

 クライアントさんもかなりオシャレ。服大好きなことが一目でわかる格好をしていらっしゃるので、行けばお気に入りになるアイテムは見つかるだろうな、と思ってお連れしました。
 今日はイエローのパンツとブルーのマーブル柄のノースリーブにデニム地のベストを着ていらっしゃいました。イエローにブルーを合わせるあたり、結構勇気のいることです。補色にちかい組み合わせだから、結構目立ちますし。でも、そんな感じも着こなしてしまう方なのです。

 そして、「こういうの欲しかった!」と思うJKが見つかってしまい、その下に合わせるイエローのストライプTシャツも合わせてお買い上げとなりました。先日私も購入したストラップ付きの最強のタンクトップもその下に着用しています。

P1050631

 私も袖を通させてもらいましたが、柔らかくも硬くもないコットンで驚きです!そして、第二ボタンだけ、飾りボタンなのです!襟もとのスタッズは、しっかり打ち込まれた手の込んだもの。ちなみに日本製のものです。とても手の込んだ作りとなっていました。

P1050633

 後ろは、薄いニュアンスでこんな絵が書かれていました。Aさんとしては、「この薄さがいいですよね〜」とのことでした。PTは、A子さん自前のものです。このイエローPTを履いてきたがために、このTシャツがぴったりハマってしまったのです。雰囲気ばっちりお似合いでした。


 私も、今シーズンずっと探しまくっていたhatをついに見つけたのです。なかなか、ショートヘアーにうまくかぶれるものが見つからず、しかも麦わらだとなんとなく顔の色にも合わないような気がして、「惜しい!」を繰り返していました。しかし、見つかる時は見つかるもので、「これだ!」と言った感じでした。

 P1050648

 色が、麦わらにしては、濃い。これが、私に似合う色だったわけです!
リボンのところは、好きなドット柄でした。MADE.IN.ITALYのREAL TOYOというブランドです。いいなと思ってチェックしていた帽子は、2万円近いものが結構多かったのですが、こちらは、5000円くらいだったので、hat初心者としては、ありがたいことです。

P1050637

 hatの自分撮りは難しいので、A子さんにどんな感じかかぶっていただきました。
 ちょっとメンズライクな感じでもあるので、どう合わせるか? しばらくは、hatを被っている人に目が行きそうです。
 
 A子さんとしては、東京をひとりで歩きまわるというのとは違い、住んでいる人が行くところに一緒に行くという感じが、なかなかおもしろかったとおっしゃっていました。
 私としては、個性的な人たちに囲まれていて、いつもみなさんに楽しませて頂いているなぁと、改めて感じたので、普段のありがたみが、よりアップグレードした感じを持ったのでした。