もう、5年くらいのお付き合いでしょうか! 
このたび、クライアントさんのあすかさんが、
夢であったシューズのデザイナーとしての第一歩を踏み出しまして、
横浜そごうで開催されている、Creators Fair で受注会を開くことになりました!
今年は本当に祝福が多いですね、私。(笑)

2011年に「過去は変えられる」というテーマで、
クライアントさんの体験記『ひとみずむ』も書いて頂いています。
そのときのひとみずむは、こちらです。

あすかさんが、「コーチングの最初のころと比べると・・・(笑)」と苦笑いして言いました。
「靴を作るのが夢なんです」と言いながら、実行しないでいたので。(笑)
今回は、靴の学校へ行っていたときの方からお声を掛けてもらったことで、
初めて出店することへとつながったのだそうです!
出店まで半年しかなく、忙しいまま受注会を迎えてしまったらしく、
「実感ありません・・・!」なのだとか。


祝福には、お花と靴を売り場に並べているだろうことを考えて、
椅子のカード立てを2つプレゼントとしてお持ちしました。
セールスコメントなど、ちょこっと書いたりできるといいかなと。
椅子に座って靴をはくイメージで、「椅子」にしたんです。
ちょっと、連想が飛びすぎでしたかな。(笑)

image


あすかさんがデザインした靴は、癒し系のさわやかな柄でした!
空の水色。桜のピンク。ラベンダーのグリーンとパープル。
これらは、ご本人が撮影した自然の写真を本革にプリントしたのだそうです。


さて、実際に履いてみることにしました。
私が色々と履いてみると、靴を客観視できたみたいで、発見をしたようでした。
やはり、やってみないと分からないことってたくさんありますね。

それから、ディスプレーの話になりました。
まずは、お客様に手に取っていただかないといけませんから、
そこを重点的に考えまして、

上の段の靴は、きっと手にとりにくいだろうとか、
この並びで本当にいいのだろうか? とか。

「見やすいように」を考えて、上段は靴を並べないところから、
いろいろと変えてみることにしました。

一番、見せたい靴を真ん中にしたとたん、
配置がすーーーーーーっと決まっていき、
並び変えが終わったら、売り場が劇的に変化。(笑)
あすかさん、びっくりして、「堀口さん、私の部屋のインテリアもみて欲しいです(笑)」と。


たまたま、ビフォーの写真も撮っていたので、比べてみましょう。(笑)

■BEFORE

image


■AFTER

image


image


カード立ても活躍できてよかったです。

image

ちなみに、セールスコメントのカードにするように、
指示出しして帰りましたが。(笑)


私もいろいろ楽しませていただきながら、
なんか、自分のデザインした靴ができるなんてすごいな! と感動しました。

自分が生み出すこと。
人に届くこと。

喜びはこれからますます増えそうですね♪

ご案内はこちらです。