出来上がった「天川をめぐる旅」フォトブックを一緒に行ったKさんに、
誘って下さったお礼としてお送りしたら、
こんなお返事が返ってきました。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

なんか、この本格的な本をみて、
堀口さんがLUMICOで撮る素敵な写真たちと、
最近やっている詩(英語でも日本語でも)とを組み合わせて、
絵本やエッセイ本などができるのではないかしら?? と思いましたよ。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

なるほど! と思いまして、構想から写真選び、編集まで
12時間くらい没頭したでしょうか!
でも、意外とスムーズに出来上がりました。

「ゆめかちゃん★ことかちゃん」という題名で、
詩のような、ショートエッセイのような、写真の絵本が出来上がりました。

英語で詩を書くことを始めたので、知らぬ間に日本語選びにも
影響が出てきちゃったんですね、これには驚きました。

ph


こんな調子で、短編を8つほど書きました。

□■□■□■□■□


「れおたーど きたい!」

ことちゃんは、おばあちゃんに おねがいをしました。

そして、おねえちゃんのレッスンに ついていきました。

はじめての まっしろのレオタード。うれしそう!

たまたま、せいとが 3にんしか いなかったので、

ことちゃんも、バレエを おしえてもらえることに なりました。

よかったね、ことちゃん。

いち、に、いち、に。

ねえ、ちゃんとできてる? 


□■□■□■□■□


こどもが読めるように、ひらがなとカタカナ表記にして、
一気に読むところあたりで、一行空けるような配置にしてみました。

ちょうど、普通の絵本と同じ大きさくらいのフォトブックなので、
いいあんばいです。

どのページにも、ホロっとさせるフレーズがあります。
こどものセリフは、とってもパワフルですからね。
写真とともに、残しておきたくなりますね。