南仏プロバンス風の香りがするような新しいビストロが近所に出来ていました。
去年の秋オープンしたばかりのようです。




ランチの時間は、会社員の方々で混む地域なので、
13:20くらいを狙って行ったところ、2階に案内されることになり、
ダークブラウンの少しステップが狭い階段を上がると、
アンティーク調のレンガの壁とレースのカーテンが風になびく窓際に案内されました。




料理が運ばれてくる頃になると、
お客様は私だけになって、なんとも贅沢なひととき。
ほとんどディナーは予約でいっぱいのお店のようです。




初めて来たので、メニューのトップに書いてあった
デミグラスソースのロールキャベツにしました。




とっても濃厚で、本当においしい!
キャベツの煮込まれ具合が絶妙です。
たくさんのパンをソースに絡めてみたりして。




食後のアイスコーヒーが、Lサイズの大きさで出てきてしまったのがきっかけで、
14:00になり、「ラストオーダーですが・・・」と店員さんが来て、
頼むつもりじゃなかったのに、ショコラを頼んでしまいました。
こちらも濃厚で美味しい!ゆっくり味わっていただきました♪


店内には、色々な形をしたアンティークランプ。
0時を指したままになっている古時計。
水の入ったコップは、よく見ると水玉のガラス。
ガムシロとミルクを入れてあった、アンティークの小皿。
時の流れが穏やかに感じられました。
温かくて柔らかい雰囲気でとても好きです。




雰囲気も、店員さんも、お料理も居心地もGOOD!
友達やお客様がいらしたとき、お連れされると思いますので、よろしくお願いします。笑