昨日より開催ということで待ってました、チューリヒ美術館展。
モネ、セザンヌ、シャガール、ドガ、ピカソ、ダリ、ゴーギャン、ムンクなど
一堂にみられるという豪華な美術展です。

しかも、オルセー美術館展もまだやっているので、
国立新美術館、平日の昼下がりですが、賑やかでした。

六本木ミッドタウン手前にある大黒屋で、前売りチケット1380円を買うことができたので、
ファーストチケットのように、チケット売り場をスルーして入ることができました。

image


美術展の目玉でもあるモネの睡蓮は、晩年のもので、
夕日が映り込むモネの庭の睡蓮は、まさに巨匠さながら。

zurich_01


私が好きなシャガールの青が基調になった、
ベラとの結婚式の絵は、How romantic!

c


中でも、カンディンスキーの絵は、
やたらと印象に残ってしまいました。
なんかかわいいです。
(こちらのシリーズのほかの絵が展示されています)
Kandinsky


ピカソのGuitar, Glass and Fruitは、
こういう絵もあったんだぁと新発見。
手前のバーコードみたいなものは一体何でしょうか。

p


最後に、あの細ーーーい人の彫刻、
ジャコメッティで締めくくられます。
感覚に従っていたら細くなってしまったというのは、
一体、どういうことなのでしょうか?!

j


チューリヒ美術館展、ぜひリアルでご体験を!
公式HP