London滞在中にセミナーをしたとき、Paris在住の方がたまたまLondonに遊びに来ていたタイミングで、急遽前日に私のセミナーのことを知って、ご参加くださいました。
 今日は、そのSさんが東京に戻ってこられていたので、赤坂の美味しいフレンチでごちそうになってしまいました!

image

かえりやま★フレンチレストラン@赤坂

 Sさん、Parisに住んでいると思いきや、ほとんど旅行していることがおおいそうで、ものすごいひとり旅歴。私より年下の方ですが!それに、一体何ヶ国語話せるのでしょうか?!フランスで料理も勉強されて、日本で料理本も出版されていますから、何事も極めることが半端ない方です。お話しをお聞きすると、ご自身も認めるほどの異端児だったようで。話が尽きませんでした。

 現在は、仕事を休んでいる最中で、貯金で暮らしていらっしゃるとのこと。そろそろParisのビザも切れるし、新しい居住地も探さなくちゃと。それに伴い、自分のビジネスも持ちたいとのことで、私のセミナーに参加してくださったのです。

 しかし、最近気づいてしまったことが、英語は当たり前すぎるから、高校生のときからフランス語の方を極め始めたそうですが、そもそも親に認めてもらおうという動機で、好きでもないフランス?!に住んでしまったとのことで、昨日お父さんに告白したそうです。(←偽りの自分)
 もともとは8歳のときに、辞書を片手にアフタヌーンティーについての英語の本を読んでいたそうで、イギリスの方が好きだと、気づいてしまったようです。自分の好きなことを認めると、今まで見えていなかったものが見え始めて、今凄く変化を感じていらっしゃるとのことでした。

 私は、この仕事をさせていただいているおかげで、自分の元に様々な特技をお持ちの方が自然と集まってきて、英語塾なんかは、すぐに開けそうなくらいですね。
 でも、「自分のビジネスを持つってどうやるの?」ということがお悩みのようでした。私のように好きなときに、どの場所でも仕事ができることに、憧れるとおっしゃっていました。私は、あまりいろいろ探しもしないで、コーチングがポンと入ってきた感じなので、色々な人生があるなと思います。

 かなり国際的で、個性的な方を最近は引き寄せている模様です。私に何かできるのかな? と、新たなる課題になっている気がしています。私がそう方々をまとめる日もあるのでしょうか?わからないですが。

  今日の私のアイデアとしては、「ひとりで旅行会社できる!」というもの。旅慣れている人を相手に、さらにマニアックな旅を紹介してもらいたいです。

 次回は、私がヨーロッパへ行ったタイミングでお会いできそうです。ものすごいマニアなので、色々案内してもらえたら面白そうです。Sさん、お誘いいただき本当にありがとうございました!