昨日は、『おばの子育て日記』のダウンロード早速ありがとうございました!
ご感想を頂き始めております。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

(ゆめちゃんと同い年の子を持つ私の同級生の友達より)

ひーさんへ

子育て日記読んだよ!
どのようにひーさんがゆめかちゃと仲良くなっていったのか、流れがよく分かりました。
ゆめかちゃんにとって、自分のことをよく分かってくれる親族は、凄く心強い存在だと思います。
やっぱり大事な人との絆は大切にしたいね。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

堀口ひとみさま


いつもメルマガやブログ等
楽しく拝見させていただいてます。

おばの子育て、
またまた素敵なものを
読ませていただきました。
ありがとうございます。


個人的に 大好き のお話が
一番好きです。

自分の事が好きでいい

もっと自分の気持ちに正直に
素直に生きていいのだな〜
なんて、ふと考えていた
ところだったので、子供の素直な
話ですっと心に沁みますね。


以前もブログか何かで
読ませてもらっていましたが、
心温まる、幸せなひとときでした。

仕事の手をとめて、読んでしまいました。苦笑


取り急ぎ、感想のみですが
心が温まりましたので
お礼にメールさせていただきました。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

ご感想お寄せいただき、ありがとうございます!
「大好き」の話、me tooです!


 既にブログに記事としてアップしたものを、添削を加えて編集したものですが、6年分をスマホの中でいっきに読める量くらいにまとめると、また、気づくことが私もいっぱいありました。友達の感想にもあったように、相手との絆をどう作っていったか? がこの日記のテーマの1つです。

 今日、英会話のインストラクターに、6年の日記をまとめて発表した話をしたら、最初の日記の写真を見て質問されました。

「なんで、この写真なの?」と。

a47bae36

 ゆめちゃんが生まれて初めて、私と一緒に撮ったツーショットは、この写真しかなかったからという普通な理由なのですが、よくよくこの写真を見ていると、私も気づいたことがありました。「私は嬉しそうだけど、姪っ子は私のこと全然しらないみたい(苦笑)」とインストラクターに伝えました。そして気付いたのは、姪っ子との距離です。

 とぉーーーい(笑)

 ここから始まったんだな〜と感慨深くなりました。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

image

HPより、ダウンロードできます!
2008年11月〜6年の歳月をかけて完成!
『おばの子育て日記〜姪が6歳になるまで。』おばの距離感だからできる子育ての探求。
(本書は、姪が0歳から6歳になるまでのブログ記事をピックアップし、再編集したものになります。 )