夏に購入したハイビスカスが、いまだにつぼみをつけているので、先週、ベランダから部屋に場所を移してあげたところ、遂に開花しました。夏に比べると、つぼみの期間がかなり長かったのですが、とうとう咲いてくれたことにほっとしました。なんだか、クリスマス期の観葉植物、ポインセチアの配色と同じですね。

image


image


 まだまだ、つぼみがいくつかあるので、このまま咲き続けてしまうのでしょうか。調べてみると11月まで開花の時期なんだそうで、冬は寒さに弱いので、室内に入れてあげるといいとありました。このまま咲きたいだけ咲いてもらって、そのあと自然とお休みするんでしょうかね。

 ハイビスカスの花言葉は、「常に新しい美、常に新しく繊細な美しさ、新しい恋、しとやかな愛」だそうです。



冬の東京は毎日のように快晴の空に恵まれています。