私はバスの中でパソコンを開いて、写真のチェックをしていて、いいこと思いつきました。

「夏休みの宿題、ここで仕上げちゃおうか? 作文くらい書けるんじゃない?」

「えーやだ。いいよー」

「ゆめちゃんが、しゃべってくれれば、パソコンに打っていくよ」

「えー」

image


それは無謀でしたので、初めての文字入力を教えてみることにしました。

「じゃあ、自分でやってみる? ひらがながあるから、ゆめちゃんも打てるよ」

そうして、私もやったことのない「ひらがな入力モード」にして、パソコンを渡しました。

ゆめちゃん、バスのなかで"First nomad worker"。

「ねえ、『ひ』はどこにあるの?」

私もそんなの探したことがありません。(笑)

先にゆめちゃんに見つけられたりしながら、次の難関が。

「ちいさい『ゃ』ってどうやるの?」

「えーー?!」

そんな かな入力 したことがありません!
すると、7の上にちいさい「ゃ」を発見。

「ここを押しながら、押してみて」

「"ゃ"」

「おーーーーー!」

しばらくして。

「てんてん、ってどうすればいいの?」

そんな 濁点入力 したことがありません!
すると、@の右下のほうに濁点発見!

「ここを押しながら、押してみて」

「"だ"」

「おーーーー!押し方、すごいじゃん!」

しかし、文字が何度も消えてしまったり、
ハプニングも何度か起きましたが、
こどもは、諦めずに進めていくものです。

また、はじめから打ち直したりしながら、
打つのも早くなってきました。

そして、ようやくできた言葉は。

「ひとみちゃん大好き。ありがとう」

と打たれていました。

教えてないのに漢字変換もできたようです。

「夏休み中にパソコンできるようになって、作文をパソコンで提出するのもありだけどね」

「んーー」