今年最後の英会話でした。いつものインストラクターは、英語を教えるほうが時間は長いけれど、こっちが副業みたいなものですから、2週間ほどお休みのようです。今日は来年最初のメルマガ制作をしてきました。

 今年の6月から英語のメルマガをトレーニングを兼ねて創り始めて、26話作ったことになります。毎回のレッスンで脱線もするので、ほとんど30分の間に添削と編集をするという、タイトなスケジュール。レッスンの準備として、英作文を作って持っていくということを毎週やっていました。日本語書いて、英語にして…とやっていると、4時間くらいかかります。レッスンの後も、清書をするのに1時間くらいかかるので、たった1通のメルマガですが、かなり時間と労力を使って、やりきった感がとてもあります。

 この形だと、英語学習が英作文ばかりになってしまうので、オンライン英会話ではカランレッスンも始めましたし、2016年は、英語に向き合う時間がかなり増えました。来年は英語を話す友達ができて、普段でも英会話がマストなんてことになると、より上達するのではないかと目論んでいます。


 このインストラクターだからこそ、メルマガの編集を頼めました。イラストも描けますし、20代のころは編集の仕事もしていたそうなので、タイトルの付け方がいつもナイスなんです。
 また、私が題材として持っていくものに関して、"That makes sense",That's true!"など、理解度がとてもあるので、理解した上で、新たなる英語を書いてくれることも沢山ありました。それが、私の元の文章をより良くするスパイスになっていたのです。
 メルマガを出す前に、読んでいる人の感触を知れるというのも、本当に助かったと思います。感謝の言葉を伝えたいのですが、英語が拙いため、来年のレッスンまでの間にサンクスレターを書くつもりです。

 しかしながら、本日は今年最後のレッスンということで、メルマガをまとめて冊子にして持っていきました。そして、ミニサンクスレターと、Screenplay - Original(オリジナル脚本部門賞)としてこれを持っていきました。Flying Tiger CopenhagenでGETです!




 渡したら、オスカースピーチが始まってしまって、また笑わせてもらいましたが! 言いたいことはいっぱいあるのに、英語がすぐ出てこなくてほんとごめんという感じなので、来年はこのもどかしさをどうにかしたいですね〜。