昨日の歌のレッスンで「ひとみさんの声って、この音階で歌うと子供みたいな声がでるね」と、先生に言われて、その音を家で発していたところ、過去の記憶がよみがえってきました。

 そうです、よくJUDY AND MARYの『そばかす』を歌っていたのですが、それはモノマネに近いものがあったからです。あの頃、結構いい歌がいっぱいあって、そのほかにもそっち系の声の女性ボーカリストのモノマネをして歌っていました。でも、腹式呼吸ができていないので、自分では似ているつもりでも、ほかの人からは井上陽水ほどの称賛を浴びず。自己満足だったのです。人を楽しませていない…。



 しかし、昨日の夜中に急に今の声でいろいろと試して歌ってみたところ、超出る!!! 驚きました。この調子なら、椎名林檎とか挑戦したことなかったものもできるかもしれない。(勘違いかもしれませんが)

 実は、カラオケとなるとモノマネばかりになって、自分の歌声がどれだかわからなくて、ボイトレを始めたのもあったのです。(笑) コロッケさんと誕生日も一緒ですし、モノマネレッスン風景をアップするYouTuberになるのも面白そうだなとか。

 昨日、みうらじゅんさんの『ない仕事の作り方』の本のメモを見返していたのですが、みうらさんは、職業を聞かれたとき「イラストレーターなど」と答えるそうです。でもご本人は「など」でいいや、と思っているとのこと。(笑) 私も職業「など」として、いろいろな可能性を追求していきたいと改めて思った新月でした。(お、今丁度14:30新月だ!)