ブーゲンビリアは、ピンク色の花びらとばかり思っていたのですがそれは葉で、花はその中に小さく咲いているほう、と言うことに最近気づきました。

 というのも、夏に購入したブーゲンビリアがすっかりピンクのそれが落ちて、ただ葉っぱだけにしばらくなっていたのですが、8月の後半から我が家の南向きのベランダは、日光が差しはじめるので、植物たちにとって好条件になります。それで、ブーゲンビリアの「これから咲かせてください!」という計画が密かに進行していたのです。もう花も咲かないし、そろそろシクラメンにでもしようかと思っていたところでした。

IMG_1867

 ブーゲンビリアの葉がまず生えて、それがピンク色に染まりつつあるというのがこの写真です。なんか、折り紙で折る紙風船みたいでかわいいです! これがこれからどんどん大きくなって、見たことのあるブーゲンビリアになるのでしょう。葉の内側に咲く花も見られるかと思うと楽しみですね。

IMG_1868

 おとなりの「ハイビスカス」も2つも蕾がついています! 同時に咲くと我が家のベランダは一気に南国になるでしょう。