昨年の年末から続いている、熱のないのどの痛みのない咳。1月は本当に大変なことになっていましたが、2月になってよくなってきました。しかし、レルベアが切れるとまた咳が出始めたので、また病院へ。こんなことは生まれて初めてです。

 親も友達も心配していますし、私もこんなんじゃSpeakerとしての仕事はできません。絶対に治さないといけないので、本日、また新しい病院へ行ってみました。呼吸器内科系で、となりの区にはなりますが数駅のところへ。ここもネット予約の新しい病院で、先生は女性とのことでした。

 行きたい直前にネットで予約するシステム、順番待ちシステムになっていました。なので、英会話の後、新宿駅で予約を入れて、ちょうどつくころには診察の時間になる感じです。

 駅から数分の場所にありまして、ネットで見た以上にピカピカの病院でした。15分以内には、私の番になりました。綺麗な先生に症状を語ると、すごいスピードで先生はタイピングをしながら、問診。これからの薬の処方の仕方も検討するために、初、検査することになりました。



’抒萠霧〆此´努力肺活量検査 E任い紳に含まれる一酸化窒素(NO)というガスを測ることで喘息の診断や治療がうまくいっているかなどを判断する検査。ぅ譽鵐肇殴鷂〆困任后


 すぐに結果もわかり、今度は先生の解説です。またも、ものすごい頭の回転で、早口のため、大体はわかりましたが、日本語なのに。(笑) 要するに、「まだ治っていないので、治療を続ける」ということに。

 「で、原因はなんなんでしょうか?」と、最後に私が質問すると、「大掃除とか・・・」と最初に先生の口から出てきて、「人のうちを大掃除しに行きました。2回も・・・」と私がいうと、「あー。ネコカフェでなるとか、そんな人もいるくらいです」と先生がおっしゃいました。(笑) どう考えてもそれしかないと私も思っていたので、そのハウスダストが引き金になって、それで気管がやられて、治らないでいる。2月にレルベアが切れたから、また咳がではじめたという説が一番、該当します。掃除でこんなことになるなんて、私らしい。ガードが甘かったですね。まあ、外側が原因と知って、安心しましした。

33


 結局、今日の先生の処方箋も、前の先生と同じものになりました。

 色々検査しましたが、呼気NO検査(一酸化窒素検査)と言うのが難しくて、一定量の域を吐き続けるっていうのなのですが、調整が効かず、5回くらいやってもできず、「これ、できる人いるんですかぁ?」とクレーム後、無事できました。(笑) ■21ppb以下 正常範囲 ■22ppb以上 喘息の可能性が高い ■37ppb以上ほぼ確実に喘息 という結果のようで、私は、レルベアを飲んでも31ppbとのことで、やっぱりまだまだ喘息気味でしたね。この数値を見ながら、薬を今後決めていくようですが。2019年これで終わらないようにしたいです。